下げ止まりの兆し【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

下げ止まりの兆し【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

ここにきて、やっと下げ止まりの
兆しが…..
詳しく見てみましょう

4H足

今週に入って、更に下降の勢いを付けて
下げました。
もう、未体験ゾーンなので、予測不能です。
ただ、安値の更新幅は、小さくなりました。

1H足

週明け、大きく下げた後、
売りと買いがせめぎ合っている持ち合い状態に
なってきました。
移動平均線20MAも少しなだらかになってきました。

ただ、日足から1H足まで、下降トレンド継続中な事も
頭に入れて、戻り売りでのエントリーを考える
難しい相場であることには、変わりありません。

4H足の上昇トレンド転換ラインである
戻り高値(細い紫ライン)と
1H足の戻り高値がかなり近くなってきました。
その差は、30pips足らずです。

15M足

15M足までくると、
上昇トレンド転換したかもしれません。
下げ止まりの兆しが見えてきたと思います。
ただ、日足から1H足がまだ、下降トレンド継続中な事は
忘れないようにします。

15M足の移動平均線20MAは、
かなり水平気味になってきました。

とは言え、2016.11.09につけた最安値を
少しだけ割っていましたが、
ここを下げ止まりと認識されたかどうかですね

その下の節目は、90円台になるので、
昨日、日銀が介入するみたいな事を
言ってましたから、100円は割らないように
介入される可能性がありますね。

4H足~15M足の戻り高値が、割と近い値幅で
並びました。
日足を含め、下位足で移動平均線20MAから
チャートが大きく離れましたから、
この辺で、大きく反発上昇の可能性がありますから
売りエントリーも注意が必要ですね

まとめ

エントリーするには、かなり難しい局面に
なってきたと思います。

日足から1H足までは、下降トレンド継続中
15M足は、上昇トレンド転換した可能性あり
4H足、1H足の戻り高値が近い位置にある
各時間足で、移動平均線20MAからチャートが乖離している

と上昇に転換する可能性が高まっているように
感じます。
ただ、相場は自分の思うとおりに動かないので
相場が上昇するのが確実になるまでは、
下降トレンド継続中であることを
忘れない様にします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top