どう展開するか見極める【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

どう展開するか見極める【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

大きく下げた後なので、今後どちらに動くのか、
見極めが大切ですね。
動き始めでエントリーできれば、
大きく利を伸ばせますから。
詳しく見てみましょう。

4H足

4H足では、小さくダブルボトムを作りました。
でもこのWの高安値の差が100pips以上ありますから、
形はWボトムでも、Wボトムで支えられたと見ていいかどうか
疑問ですね。

単に、利確買いと売りがせめぎ合っただけかもしれません。
下位足で確認します。

1H足

1H足で見ると、トレンド転換を伴った
Wボトム(4H足でも認識できる)になっています。
移動平均線20MAも上昇始めましたので、
上昇トレンド転換点(上のピンク線)を越えて行けば、
上昇の兆しが見えてきそうです。

でも、日足の移動平均線20MAは、若干下降ぎみですから、
注意は必要だと思います。

15M足

15M足でも、トレンド転換が激しかったですね。
しかも振れ幅も大きいので、損切幅も大きくなって、
手をこまねいていた部分もあります(笑)

15M足では、上昇トレンド転換し、上げダウを形成したものの、
1H足では、まだ下降トレンド継続中。直近上げダウ中。
4H足でも、まだ下降トレンド継続中。

まとめ

下げ止まってきた感もあるので「利確買いに乗る」、
というのもあるかも知れませんが、
初心者は、手が出しづらいです(笑)

もう少し、緩やかな値動きになるのを
待ちたいと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top