狭い範囲でのせめぎ合い【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

狭い範囲でのせめぎ合い【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

高値が重い中、買い勢力が強まって
不安定な相場になっています。
詳しく見てみましょう。

4H足

先週後半で、下降トレンドに転換したものの、
下降トレンド転換後のダウを見ると
上げダウで、上昇トレンド転換に向けて、
買い勢力が強まっています。

ローソク足が、移動平均線20MAを上抜けて
推移している事でもそれを伺えます。

黄色ラインは、1H足の上昇トレンド転換ライン
(戻り高値)です。

ここを上抜ければ、1H足の資金が買いに
入ってくる可能性がありますが、
4H足の資金を巻き込んで買いが入るかは
微妙ではないかと、思います。

先週高値(左の水色丸)が先週末に
高値切り下げています。
上値が重い証拠ですね。

今後、 先週高値(左の水色丸)を
上抜けて行けば、更なる上値を目指して
買いが入ってくる可能性もあります。

ただ、その前に重い上値意識から、
利益確定売りが、入り始めると
一気に売りになる可能性もあって、
目が離せない相場環境ですね。

1H足

先週、下降トレンド転換したものの、
今週に入ってから、上げダウが始まり
上げダウ継続中です。

しかも戻り高値(ピンク線)に迫る勢い。
このまま、ここを上抜けて上昇トレンド転換すると
少し上に4H足の戻り高値があるので、
そこで、一旦抵抗され、その後の値動きが
気になるところです。

上値が重い中、4H足が上昇トレンド転換しても
その先上昇していくかが?なところです。

まとめ

この先、1H足、4H足と次々に、
日足と同じ「上昇トレンド」に
転換していったとして、
その後の値動きが、気になるところです。

上値が重いよ~、という相場環境ですから、
上抜けして行かないのが見えると、
利確売りが入って、
下降モードにまた逆戻りするでしょう。

いやいや、上抜けして行くんだ、という
勢いが見えると、一気に買いに追随買いが
入ってくる可能性もあります。

現時点では、予測不能ですので、
どっちになるか、待ちモードで
耐えます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top