上昇トレンド転換を待つ【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

上昇トレンド転換を待つ【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

日足が上昇トレンド継続中ですが、
下位足が揃って下降トレンドです。
ただ、上昇トレンド転換の兆しもあります。
詳しく見てみましょう。

4H足

直近最高値(水色丸)に対する
押し安値(水色ライン)を下抜けたので、
下降トレンドに転換しました。

その後、下げダウで、安値更新を続け、
直近最安値(ピンク丸)まで下げた後、
安値を更新していません。

逆に、安値切り上げ、高値更新という
上げダウ進行中です。
この上げダウが、戻り高値(ピンク線)を
上抜けてくれば、上昇トレンド転換になります。

それまでは、ローソク足が移動平均線20MAに対して、
グランビルして、下げて来る危険性もあるので、
買いにくい状況と捉えています。

ローソク足が、日足の移動平均線20MAの下にあるのも
売り勢力配下にあると捉えられるので、
少なくともローソク足が、日足の移動平均線20MAを上抜けて
こないと、安心して買いに行けないと思います。

1H足

1H足も下降トレンド継続中です。
4H足と違っているのは、直近最安値(ピンク丸)に対する
戻り高値(ピンク線)が近い事です。

この戻り高値(ピンク線)を上抜けすれば、
上昇トレンド転換、つまり、日足と同じトレンドになりますので、
少々リスクがあるもののエントリーチャンスが到来すると
期待しています。

ただ、今は、移動平均線20MAが水平になっていますし、
下降トレンド中ですから、
ローソク足が移動平均線20MAに対してグランビル
してきているので、一旦売り勢力が強まる可能性があります。

なので、まだ、安心して買える時期ではないと思います。
何と言っても、まだ戻り売りエリアですから。

まとめ

日足が上昇トレンド継続中なので、
下位足の上昇トレンド転換が待たれる状況と
捉えています。

ただ、下位足では、揃って下降トレンド中
なので、もう1段下げてくる可能性も否めません。
でも、下降トレンドに転換してから、50pips以上下げているので
利益確定の買いも入り始めていると思います。

会社員のデイトレーダーとしては、
ちょっとエントリーしにくい相場と捉えています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top