下位足の反乱?【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

下位足の反乱?【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

日足~1H足で、トレンドが揃ったと思ったら、
買い勢力が目を覚ましたみたいな相場に
なってます。
詳しく見てみましょう。

日足

下降トレンドに転換した途端に、ほぼ全戻しで、
半端ない買い勢力が強い事が分かりました。
ただ、日足的には、戻り高値(上昇トレンドに転換するライン)が
週足の節目(黄色ライン)になっていますので、
そこに相場が戻るまでは、下降トレンド継続中になります。
つまり、戻り売りエリアが継続することになります。

4H足

下降トレンドに転換した途端に、
1日でほぼ全戻ししました。
戻り高値(ピンク線)までは、
戻り売りエリア継続中ですので、
売り目線でエントリー待ちです。

ただ、もしかすると、戻り高値が、
細黄色ラインと認識されていると仮定すると
上昇トレンドに転換したことになります。
まだ、仮定なので、今後の値動きで
判断したいと思います。

移動平均線20MAがまだ下降しているのに、
ロウソク足が 移動平均線20MAに対して
上ぬけしてきているので、
かなり急激に買い勢力が強まっています。

1H足

下降トレンドに転換したのに、
すぐに、 上位足に反して、
上昇トレンドに転換しました。

と言うことで、1H足だけが、押し目買いエリアに
転換したということです。
移動平均線20MAに対してもロウソク足が上にありますから、
かなり買い勢力が強い状態ですね。

上昇トレンド転換後の最初の押し安値が
エントリーチャンスだったのですが、
取りそこないました(汗)

まとめ

年明け早々、トレンド転換が目まぐるしいですが、
振り回されることなく、チャンスをつかんでいきます。

1H足の上昇トレンド転換を起点に、
4H足も上昇トレンドに転換していけば、
安定した押し目買いエリアに突入しますので、
その辺を見極めていきたいと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top