この1時間節目が効いているかが重要【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

この1時間節目が効いているかが重要【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

今日はGDP速報があるのでボリュームが少ないですね。
ドーンと動いて欲しいところです。

それでは今日もダウを中心に相場環境を見ていきましょう。

動画解説動画で見たい方はこちら↓

4時間足

トレンド方向:下落トレンド中

 青ライン:押し安値 赤ライン:戻り高値
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続しやすいか?という意味で使っています》

日足の安値群を大きく割り下落が加速するかな?
と思ったら大きく反発してきましたね。

4時間の下落トレンドラインを上抜けてきて下げ勢いが減少してきた感がありますが

オレンジラインの日足の安値群の節目が強力でレジサポ反転になって上値が重くなる可能性が高くなってきています。

さらに、日足ではずっと持ち合っていた中の下落トレンド継続という流れなので少し難しい局面です。

基本は戻り売り待ち

1時間足

トレンド方向:上昇トレンド中

 青ライン:押し安値 赤ライン:戻り高値
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続しやすいか?という意味で使っています》

1時間で見ると、上昇トレンドに転換していて
赤の戻り高値ラインに対してレジサポ反転を築いている状態

だから、1時間では押し目買いが入りやすい状態になっています。

ただ、日足の売り圧力が強めなのと、4時間短期MAがまだ角度のある下げのため
4時間の買いが入るかどうかは怪しいです。

レートが保合い上と下の注文が集中しているため下抜けをすると再度下落という流れもあります。

基本は押し目買い待ち

まとめ

少し買いの手仕舞いが入りそうな局面ですが
4時間売り、1時間買いと意見が対立しているため
上昇してもあれやすい相場です。

一見獲れそうに見えても投資家の意見がぶつかっているところは
手を出さないのが無難かと思います。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top