負けトレーダと勝ちトレーダのわずかな違い【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

負けトレーダと勝ちトレーダのわずかな違い【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

相場が全体的に押し目戻し目形成期間に入ってしまいましたので
あまりやることがないですね^^;

それでは今日もダウを中心に相場環境を見ていきましょう。

動画解説動画で見たい方はこちら↓

4時間足

トレンド方向:下落トレンド中

  青ライン:押し安値  赤ライン:戻り高値
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続しやすいか?という意味で使っています》

日足の安値群をすべて割り下落トレンドを継続してきています。

4時間ではかなり伸びきったポイントになるためここから売っていくのはリスクが高めですね。

売るなら戻り目を4時間レベルで築いてから再度売りにいきたいところ。。。

と、予想ばかりしてもしょうがないんですよね^^;

あくまでも、今と過去のチャートを見て

「注文が集中しているか?上位足の資金も入ってくるか?」

この二つを見るしかないんです。

トレードで勝ててない人は予想しすぎて主観が入り
「ここを抜けたら伸びが期待できるから入っておこう!」
「すぐ下に節目があるから怖くて入れない、、、やめておこう」

とポジポジ病やタジタジ病になりがちです。

1時間足

トレンド方向:下落トレンド中

  青ライン:押し安値  赤ライン:戻り高値
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続しやすいか?という意味で使っています》

1時間でも伸びきったところになるためなかなか売りはリスク高めです。

前回安値に対して綺麗にレジサポ反転すれば少しくらいは獲りに行けそうですが・・・

基本は下がれば下がるほど利確したくなりますから、反発が急激になりやすいです。

入ったけど逆行してしまうという人はこういうポイントでエントリしてることが多いかもしれませんね。

基本は戻り目待ち

まとめ

日足・4時間・1時間全てが下落トレンド中のため基本は下落目線ですが
どの足で見てもレートが伸びた後の状態になりかけていますので
どうしても利確が意識されやすくなります。

すぐ下に日足などの誰が見てもわかりやすい強い抵抗線があれば
確実に利確の注文が集中してきます。

ただ、今は日足の安値群も割り
意識されそうなラインからは遠いためまだ下落の余地はあります。

ありますが、しっかりと安くなったところ
つまり、しっかり戻したところですね
そからエントリしなければいつまでも
逆行して駆られることになってしまいます。

ここはわずかな差ですが
プロは徹底して主観を入れないように気をつけていますので
かなり大きな差になってきます。

先の予想ではなく
常に現状と過去の相場を見てどこに注文が集中しているかを
探し出す、それがテクニカル分析です。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top