来週の相場について【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

来週の相場について【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

一皮むけました!
お尻専門トレーダーのマサ爺です。

先週末のチャートを元に
今週の相場を少し詳しく見てみましょう。

日足

トレンドは、上昇トレンド継続。
更新 した安値(ピンク丸)の
直近高値(ピンク線)である「戻り高値」を越えた後、
更新した高値の直近安値(青ライン)である「押し安値」を
一度も割っていませんから、トレンドは、
上昇トレンド継続中です。

ダウ理論の言葉で言えば、
「明確なトレンドの転換シグナルが無い限り継続する」
と言うことです。
明確なトレンドの転換シグナルと言うのが、
「戻り高値」とか「押し安値」というラインの事です。

最安値(ピンク丸)の直近高値が「戻り高値」で
このラインを越えたら「上昇」にトレンド転換するし、
このラインを越えなければ「下降」トレンドのまま
継続していると言うことですね。

一方、一番大切なダウは、
長期ダウ(緑ライン)、短期ダウ(紅ライン)ともに
上昇ダウ、つまり上げダウ中と言うことです。

4H足

ここでも、一つ一つ見ていきましょう。
まず、トレンドは、日足と同じ理由で、
上昇トレンド中です。

が、週末深夜に崩れました。
最高値(ピンク丸)を更新したので、
トレンド転換ラインである「押し安値」も
更新(ピンク線)されました。

その後、そのトレンド転換ライン(ピンク線)を割ってきたので、
下降トレンドに移行しました。

でも、更新したのが、ヒゲ1本だけだったので、
相場(投資家)が、下降トレンド移行したと見るのか
まだ、上昇トレンド中と見ているのか、微妙でしたが、
高値切り下げ、安値更新と下げダウになってきたため、
市場も下降トレンドと認識した可能性が
高くなったと判断しました。

1H足

4H足で、トレンド転換したと判断したプロセスを
説明しましたが、もう少し詳しく説明したいと
思います。

1H足は、上昇トレンド中でしたが、
最高値を更新しました。
直近最高値(白丸)を更新(青丸)したので、
トレンド転換ライン(押し安値:白ライン)が
更新されたので、押し安値も更新(白ライン→青ライン)
しました。

そうしたら、トレンド転換ライン(青ライン)を
3回も下抜けしました。

そして、直近安値(緑ライン)を更新(下抜け)して
下降トレンドに転換したと判断しました。

トレードするなら、トレンド転換点が、絶好のポイントです。
だって、FXの極意は、
「安く買って高く売る」か、「高く買っておいて、安く売る」が
基本ですから!

でも1点気になるのが、「日足が上昇トレンド」継続中、
と言うことなんです。
「日足に逆らったら、アカン!」ので….

し・か・も、レジサポライン(赤ライン) 上 も、
レジサポライン(黄色ライン)下も、
両方とも下抜けしました。

そしたら、「下降トレンドに転換した」と
市場(投資家)が判断した可能性が高まります。

まとめ

先週の相場がクローズした状態では、
トレンドが転換したばかりで、
このまま、下降トレンドのままで行くのか
週明けに、今度は「戻り高値」を越えて
上昇に転じるのか、予断を許さない状況です。

このまま、下降トレンドが継続していけば、
売りでポジションを持っているなら、放置プレイ
できます。

完全に放置できるのは、
直近トレンド転換ライン(白ライン)を下抜け
してからになります。

これから、エントリーするなら、
下降トレンド継続なのか
上昇トレンドに戻るのか、を
見極めてからですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top