トレンド転換ライン割れでどう動く?【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

トレンド転換ライン割れでどう動く?【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

このところ相場が持ち合っていましたが、
トレンドが転換しました。
詳しく見てみましょう。

日足

日足は、上昇トレンド継続中。
長期ダウ( 緑ライン )も上げダウ中。
短期ダウ(紺ライン)は、
高値更新するも、安値切り下げていて、
上げダウは休止中。

資金相場的には、買い目線。
つまり、押し目買いエリアです。

4H足

今週に入ってから、ずっと持合っていましたが、
押し安値(青ライン)を明確に割ったので、
下降トレンドに転換しました。
これからは、売り目線。
戻り売りエリアに移行しました。

資金相場的には、売り目線。
つまり、戻り売りエリアです。
と言っても、直ぐ売れるわけでは無く、
しっかり戻してから売りエントリー
することになりますね。

1H足

1H足でも、トレンド転換していますね。
トレンド転換ラインである押し安値(青ライン)を
下抜けしましたから、下降トレンドに移行しました。

売り目線に移行したので、戻り売りエリア。
移動平均線20MAが、水平なので、
相場が下降していくとすると、
「根っこ」になりうる状況とみています。
根っこと言うことは、
ここから、どんどん下降する起点になりうる、
と言うことです。
期待が高まりますが、相場環境を注意深く見ないと
火傷する可能性もあります。

まとめ

トレンド転換してと言うことは、
相場の「根っこ」の可能性があると言うことです。

ただ、4H足の移動平均線は、まだ、急な上昇中ですので、
一度、レートを戻してからのエントリーの方が、安全ですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top