売り勢いが強めになってきた【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

売り勢いが強めになってきた【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

相場が保合いモードに移行してきました。
これが、下降に向かい始める前兆なのか?
詳しく見てみましょう。

日足

トレンドは、上昇トレンドが継続中。
移動平均線は、水平から上昇に向かっています。
ダウは、上げダウが、高値据え置き、直近安値を更新してしまったので、
一旦保留(方向性なし)状態。

4H足

トレンドは、上昇トレンド中。
移動平均線は、急上昇中。
ダウは、長期(緑ライン)は、
高値据え置き、安値更新なので、下げダウ。
短期ダウ(紺ライン)は、
安値切り上げ、高値更新してきて、 上げダウ
だったけど、直近高値を切り下げたので、
上げダウ中断中。

トレンド転換ラインである
押し安値(青ライン)を割らない限り、
大きな流れは、上昇と考えています。

そして、此処に来て、大きく下げ始めてきて、
移動平均線20MAが徐々に水平になりつつあります。

下げが、直近安値を割り込むと、
短期ダウ(紺ライン)が、下げダウ確定になります。
その前に、移動平均線20MAで反発上昇する可能性も
考えられるので、もう少し静観したいと思います。

1H足

1H足まで下位足になると、下げ勢い、
つまり売り勢力が強まりつつあるのが
わかります。

トレンドは、上昇トレンド継続中。
移動平均線20MAは、水平(若干上昇)。
ダウでは、
長期ダウ(緑ライン)は、
安値切り上げ、高値更新で、上昇ダウ。
短期ダウ(紺ライン)も
安値切り上げ、高値更新で、上昇ダウだったけど、
直近高値を切り下げたので、上昇ダウ中断中。

そして、急激に下げているので、
トレンド転換ライン(青ライン)近くまで下げて、
長期ダウの直近安値(緑ライン)を割ってくると、
短期ダウで、下げダウ確定します。

しばらく、相場環境を見守る方がいいですね。

まとめ

此処に来て、日足と、その下位足の4H足、1H足の
相場環境がずれてきましたので、今は、静観するのが
いいかなと思っています。

買いでポジション持っている場合は、
手じまいのタイミングを探る環境に
入ってきた気がします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top