戻り売りエリア狭まる、でチャンス到来か?【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

戻り売りエリア狭まる、でチャンス到来か?【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

日足が下げダウ中で、
戻り売りエリアですが、
戻り売りエリアが狭まっています。
詳しく見ていきましょう。

4H足

4H足のダウでは、
長期(青ライン)は、日足と同じく、下げダウ。
一方、短期(黄色ライン)は、高値切り下げ、安値は切り上げで、
ダウがはっきりしません。

さらに、売り勢力に押されて、高値が切り下げられ、
安値は、据え置きで、買い勢力は売り勢力に押されて、同値キープ。

戻り売りエリアなので、同値キープされている一線(水平の赤ライン)を
下抜けるのかが、ポイントになると思います。

1H足

1H足のダウは、
長期(青ライン)が、直近の最安値を更新しないと、
下げダウになりません。

一方で、短期(黄色ライン)が、下げダウになるには、
安値が、サポートライン(水平の赤ライン)を更新する必要があります。
その更新する気配がしています。

このサポートライン(水平の赤ライン)は、
4H足でも認識されるラインになっていますので、
日足が下げダウの戻り売りエリアで、
買いの損切注文がたっぷり溜まっている
ラインでもあると思います。

ただ、高値と安値の幅が、まだ広いので、
損切幅も広くなってしまいます。
もう少し、高値と安値の幅が狭まってくるのを
待ちたいと思います。

まとめ

戻り売りエリアでしたので、
エントリーのタイミングが
3回くらいあったと思いますが、
利を伸ばせる幅が、徐々に狭くなってきていました。

と同時に、買い勢力が死守したいサポートライン(水平の赤ライン)が
明確になってきました。
このラインを下抜けすると、4H足の資金も巻き込んで、
大きく伸びると見込んでいます。

この一線を下抜けすることを期待しつつ、
エントリーのタイミングを待ちたいと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top