下位足も徐々に日足に沿ってきた?でも週末注意【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

下位足も徐々に日足に沿ってきた?でも週末注意【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

日足は下げモード、4H足、1H足が、
それに沿ってくるのかが、
安心してエントリーできるかのポイント。
今日の相場を見てみましょう。

日足

相変わらず、下げモード。
このモードに沿ったトレード(戻り売り)にする方が安全ですね。

4H足

4H足のダウを見ると、
長期(青ライン)では、高値切り下げ、安値切り上げ、
短期でも、 高値切り下げ、安値切り上げ、。
ダウが、上げか下げか、
三角持ち合い状態で、はっきりしません。

すぐ上に、レジサポ帯(赤ライン)があるので、
買いが入りづらい環境であることも、
高値が更新できない理由だと思います。

1H足

昨日まで、短期ダウ(黄色ライン)は、上げダウでしたが、
すぐ上のレジサポ帯(赤ライン)のせいで、
買いが入りづらくなっていて、
1H足でも売り優勢になってきました。

長期(青ライン)は、 高値切り下げ、 安値切り上げ、
短期(黄色ライン)でも、高値切り下げ、安値切り上げで、
三角持ち合い状態。
エントリーしづらい相場ですね。

まとめ

昨日までは、4H足、1H足とも、短期ダウは、上げダウでしたが、
レジサポ帯の影響で、買い勢力が弱まり、売り優勢となって
下げダウに移行しつつあるも、1H足短期では、安値を
切り上げて来ました。

日足が下げダウなので、戻り売り狙いゾーンですが、
1H足では、上げダウが崩れてきました。
また、週末ですから、週末を跨いだポジションにならない方が、
安全なことも意識したいと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top