日足に逆らわなければ安心【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

日足に逆らわなければ安心【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

やはり、師匠の教え通り、日足に逆らうべからず。
日足の向きに沿ってトレードすれば、百戦危うからず。
今日の相場環境を見てみましょう。

日足

日足のダウは、日々変わるわけではありません。
下げモード継続で、日足の20MAも下げ方向です。

4H足

4H足でのダウでは、
長期(青ライン)で、徐々に高値切り下げが、
意識されるようになってきました。
下降トレンドライン(赤ライン)に沿って
下げています。
ただ、安値も切り上げているので、
難しい相場になっています。

一方、短期(黄色ライン)では、
高値切り下げ、安値切り上げで、
三角持ち合いになってきています。

日足の20MAも下げていますので、
三角持ち合いの決着は、
下げ方向に動くといいなと思います。
(感情で相場は動かないのですけど….)

1H足

1H足でも、ダウを見ると、
長期(青ライン)では、高値切り下げ、安値切り上げと、
三角持ち合いの形です。

短期(黄色ライン)の直近のダウでは、
高値更新、安値切り上げと上げダウになっています。
日足が、下げ方向ですので、
日足に逆らう方向になっています。
手が出しづらい相場ですね。

下降トレンドライン(赤ライン)に沿って、
ゆるゆる下げてきましたが、
上抜けてしまいました。

まとめ

日足に沿って、エントリーすれば、
そうそう、逆行に怯える可能性は低くなります。
日足が、下げモードと言うことは、
戻り売りエリアと言うことですから、
特に4H足でダブルトップになったら、
売りでエントリーすれば、
そこそこ伸びるのが一般的です。

ただ、日足は下げているのに、
4H足、1H足では、高値切り下げ、安値切り上げ、で
三角持ち合い状態で、
売りと買いの勢力争い(綱引き)中です。
相場の方向性が決まるまで、
エントリーは難しいですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top