相場が落ち着かない【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

相場が落ち着かない【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

相場が乱高下して、落ち着きません。
困ったものです。
でも、気を取り直して相場環境を
見ていきましょう。

日足

日足で見るとはっきり分かりますが、
この2日は、1日で、100pips以上変動
(赤ラインの間)しています。
これでは、テクニカル分析できません(笑)

ダウを見ると、一旦下げダウ終了しましたが、
下げモードは継続しているような、
微妙な相場環境です。

4H足

4H足のダウを見ると、
長期(青ライン)では、高値更新、安値切り上げで、
上昇モード。
短期(黄色ライン)でも 高値更新、安値切り上げで、
上昇モード。

でも、チョット注意したいのが、短期(黄色ライン)で
直近高値を少し切り下げているのと、安値切り上げは、
ほんの僅かであることから、売り圧力が強い状態で
あることがうかがえます。

1H足

今週の頭までは、順調に下げモードでしたが、
急激な上昇の後、相場が読みづらくなりました(涙)

ダウを見てみると、
長期(青ライン)では、高値更新、安値切り上げで、
上昇モード。
短期(黄色ライン)では、高値切り下げ、安値横這い
なので、トレンド無し。

このチャートの動きでは、相場環境を把握するのは
難しいです。  私のレベルでは、手が出せません。

まとめ

こんなに、激しく相場が動くのでは、テクニカル分析できませんね。
相場環境で一番敏感な1H足で見ても、上昇/下降の方向が全く
読めません(汗)
こんな時は、トレードの中の「待つ」を採用した方がよさそうです。

過去2年くらい見てみたら、毎年、お盆の時期(13日~16日)は、
200pipsくらい変動していたようです(汗)
お盆の時期、今年のように、ダウがはっきりしないなら、
トレードはお休みの方が無難でした。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top