相場の動きが穏やかになりました【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

相場の動きが穏やかになりました【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

先週は、最大でも150pipsの変動幅になり、
相場も週末になるに連れて、落ち着いてきました。
今週は、エントリーのチャンスに期待しています。
今朝も早速みてみましょう

日足

デイトレーダにとって、日足の方向は、大切です。
移動平均線は、ダダ下がりを続けていますが、
ダウを見てみても、
長期(青ライン)高値切り下げ待ち、安値更新
短期(黄色ライン)高値切り下げ、安値更新と
下降モードです。

下降モードと言うことは、
戻り売りを狙う相場と言うことです
下位足でその狙いどころを
探してみましょう

4H足

下位足で、エントリーのチャンスを探すときに
重要なのが、4H足なんですね。
1H足の資金よりも、4H足の方が大きい資金ですし、
4H足の相場が、日足の資金流入を誘っていけば、
更に利益を伸ばす可能性があります。
その起点にもなるのが、4H足と言うふうに見ています

4H足のダウを見てみると、
長期(青ライン)、短期(黄色ライン)ともに
日足と同じく 、下げダウ中です。
戻り売りエリアですので、
4H足の20MAに、相場が近づいて(上昇して)行き、
その勢いが、下降し始めるところがねらい目、
と言うことです。

ただ、長期(青ライン)の安値は、
更新幅(下げ幅)が小さくなっていますから、
下値が重い感じなので、
「大きく下降していかない」ことは意識して
エントリーしていきたいと思います。

今、相場は上昇中ですので、
これが下降を始めるところを狙いたいと思います。

1H足

1H足では、具体的なエントリーポイントを
探すチャートになると思います。

ダウを見てみると、
長期(青ライン)、短期(黄色ライン)ともに、
下げダウ中ですので、戻り売りエリアです。

1H足20MAのすぐ下にレジサポ帯がありますので、
そこに抵抗されると戻り売りのスイッチが
入る可能性がありますので、そこを狙いたいと
思います。

まとめ

本当に、久しぶりに日足、4H足、1H足と
下げダウが揃ってホッとしています。
方向性が合うことで、エントリーの際に一番大切な
「逆行しない 方向 」を予想し易くなります。
(もちろん「絶対逆行しない」と言うことも無いですが)

今日来るかどうか分かりませんが、
戻り売りのチャンスが来ることを期待して
待つ事にします。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top