流れは売り目線なんですが….【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

流れは売り目線なんですが….【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

相場は、日足から売り目線です。
日足、4H足、1H足と方向性が揃っているんですが….
微妙なんです。 詳しく見ていきましょう

日足

長期(青ライン)では、安値更新、高値も更新。
短期(黄色ライン)では、高値切り下げ、安値更新で、
下げダウ中。 で、売り目線。

ですが、何といっても、年初の安値を更新した 直後
でもあり底値が重いので、売りでポジションを持つのは
少々危険な環境になっています。

4H足

4H足でも、長期(青ライン)、短期(黄色ライン)とも
高値切り下げ、安値更新で、下げダウです。
ここで、直近安値が、ほぼ同値ですので、
ダブルボトムっぽく、見えます。

ただ、その後で、レジサポ帯(赤ライン)で
抵抗されたようですし、売り目線継続と
見た方がよさそうです。
日足でも、言いましたが、底値の硬さが
注意点ですね。

デイトレーダーは、日足の向きに逆らって
エントリーするのは、掟破りですので、
売りでのエントリーが、日足に逆らわない
トレードになります。

でも、直近安値が、岩盤と認識されていると
すると、そこで支えられる可能性が高いので、
利の伸びは、限定されます。
悩ましい相場になっています。

1H足

1H足では、長期(青ライン)で下げダウだったのが、
直近では、短期(黄色ライン)で、
レジサポ帯(白ライン)を中心に、
持ち合っている状態になりました。

売り勢力と買い勢力のせめぎ合いですね。

短期(黄色ライン)のダウでは、
若干、高値が切り下げ、安値更新していますので、
売り優勢ですね。

持ち合い(赤枠)の安値を割ってくれば、
直近安値まで伸びる可能性を期待しています。

まとめ

やっと、乱暴な相場環境が落ち着いてきました。

1H足では、4H足でも認識される持ち合いに
なってきたので、通常モードで、エントリー
できる相場環境になってきましたので。

今後の展開ですが、
1H足では、 直近の持ち合いが、
4H足では、持ち合いの下部分が「ひげ」だけ
に見えるので、4H足を見ている投資家が、
この状況をどう見るのかが、4H足のトレーダーを
巻き込んで行けるのかのポイントになります。

デイトレードでは、逆行しないのはもちろんですが、
上位足の資金が入るかどうかも大切な要素になります。

持ち合い(赤ライン)の安値を下抜けすれば、
4H足の資金が入ってくると見ています。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top