まだまだ売り目線でも…【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

まだまだ売り目線でも…【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

一気に下がった相場ですが、
高値/安値の推移(これから「ダウ」と言います)で見ると
安値を大幅に更新したので、上昇モードは、
1H足~日足で完全に崩れました。

こんな中、相場を見ていきましょう。

日足

結局、今年年初の安値を更新しました。
上昇モードに転換したかに見えた相場は、
全否定された感じですね。

この後、相場はどうなるのかを読むのは
難しいので、4H足、1H足での方向性が
決まってくるまで待とうと思います。

資金力のある日足の投資家の思惑は、
今のところ、これ以上「買わせない」という
メッセージだけなので、
どこを底にするかと言った思惑が
見えてこない事には、手を出せませんね。

4H足

順調にダウが上昇モードになっていた先週末、
まさに青天のへきれきで、上昇モードを全否定されてから、
まだ、4H足では、ダウでの方向性を判断できません。

ただ、大きく下げた後、短期(黄色ライン)のダウは、
直近高値、安値とも大きく切り下げたため、上昇モードは、
一旦終了。

今後の方向性はと言うと、ダウを形成できるほど、ローソク足が
経っていませんので、まだ見えません。

1H足にヒントがあるかも知れません。

1H足

1H足では、長期(青ライン)、短期(黄色ライン)とも
下降モードに移行してきました。売り目線と言うことですね。

ただ、年初の最安値をあっさり?更新したものの、
短期(黄色ライン)の直近安値は、若干切り上げたかも
知れません。

これを4H足でも認識できるほどになってきましたので、
これを転換とみられるか、まだ予断を許さないと思います。

そして、もう少し相場の振れ幅が安定しないと、
損切幅が大きくなってしまいますので、
もう少し辛抱が必要ですね。

まとめ

相場が、落ち着いてきたと思いますが、
まだ、ダウ的に、1H足、4H足と意識が
合ってきているのか、まだ、様子を見る
必要があると思います。

もし、下げダウが、上昇ダウへと
転換していくなら、期待は大きくなります。

が、妄想は禁物なのが、トレードの世界ですから
しばらく、自重して、冷静なトレードを
心がけます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top