上昇に転じるか?【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

上昇に転じるか?【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

一旦、強い抵抗帯に止められて、下降モードに移行か、と
思われましたが、夜の間に一変していました。
詳しく見ていきましょう。

日足

長期(青ライン)の直近高値を越えられずに、
下降モード継続中でした。
ただ、直近安値を少し切り上げているのと
短期(黄色ライン)の高値/安値の推移が
上昇モードと合っていませんでした。
日足の方向性が、デイトレーダーにとって
大切なので、悩ましい状況が続いています

4H足

昨夜、大きく動きました。

昨日の朝の時点では、「やっぱり突破は無理か」という
相場でしたが、昨夜、 日足に認識されている強い抵抗帯を
突破するチャレンジがされていました。

高値/安値の推移をみると、
長期(青ライン)は上昇モード継続中、
短期(黄色ライン)も
直近高値を更新し、上昇モード継続となりました。

4H足が、上昇モードと言うことは、
押し目買いエリアにあると言うことですが、
日足の強い抵抗帯(赤ライン)がすぐ上にあるため、
相場が上昇していくのは、 抵抗帯に抑えられて
上昇しづらい環境でした。

日足の強い抵抗帯(赤ライン) を突破するには、
まだ時間が、掛かると思いますが、仮に
突破できると、相当上昇していく可能性があります。

1H足

1H足の高値/安値の推移を見てみても
昨夜の急上昇により、
長期(青ライン)、短期(黄色ライン)とも
上昇モード継続となりました。

ただ、目の上のたん瘤なのが、
日足の抵抗帯(赤ライン)なので、
安心して買える相場ではないですね。
すぐ、下げてくる可能性がありますから

ただ、昨夜、 日足の抵抗帯(赤ライン) の突破を
試みたので、買い優勢になりました。

まとめ

一旦は、売り勢力が強まったかに見えましたが、
一晩で再び買いが優勢になってきました。
ただ、日足の抵抗帯(赤ライン)が相当強いので、
安心して買える状況でないですね。

今は、日足の抵抗帯(赤ライン) の突破が、大きな関心事です。
時間はかかると思いますが、突破すれば、相当上昇する可能性が
あって楽しみです。
何時突破するのか、注視していきます。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top