上値が重い【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

上値が重い【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

上値が重い状況が続いていますが、
その一線を越えるかどうかが、
今後の相場を決定づけそうです。
詳しく見ていきましょう。

日足

日足の高値/安値の推移は、
下降モード継続中ですが、
週明け 、
長期(青ライン)の直近高値を上抜けず、
若干高値を切り下げました。

短期(黄色ライン)では、
安値切り上げているものの
高値は、抵抗されていますが、上昇モードと
方向性が微妙です。

4H足

4H足の高値/安値の推移は、
長期(青ライン)、短期(黄色ライン)とも
上昇モードでしたが、
昨日、更新中だった高値が、
大きく切り下げてしまったが、
安値が、短期の直近最安値(赤ライン)を切り上げてくれば、
まだまだ、上昇モード継続と認識されます。

長期の直近高値も日足の上昇モードを確定させる節目(緑ライン)に
迫ってきています。
ここを上抜けすれば、上位足の損切買い、新規買いが入ってきて
大きく高値を更新していく可能性があります。

とは言え、今は、その一線を越えるのは、相当な抵抗に
あっています。 この抵抗が強いほど、上抜けしたときの
勢いも大きくなると思います。

1H足

1H足の高値/安値の推移を見ると、
長期(青ライン)では、上昇モード継続中ですが、
短期(黄色ライン)では、
高値切り下げ、安値更新と下降モードになっています。

ただ、直近安値を切り上げましたので、
今後、直近高値(赤ライン)を切り上げれば、
上昇モードに転換しますので、注視したいところです。

長期では、上昇モード継続ですから、
押し目買いエリアですが、
上値も重いので、
現時点でのエントリーには注意が必要です。

まとめ

上位足でも認識される節目があるので、
なかなか買いにくい状況です。
相場も売りと買いの勢力争いで
安定していませんので、
エントリーの際にも注意が必要です。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top