上値が重いものの上昇【USD/JPYテクニカル分析】

上値が重いものの上昇【USD/JPYテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

相場の方向性が見え始めましたが、
上値が重いので、注意しましょう
では、今日も詳しく見ていきましょう。

日足

日足の高値/安値の推移を見てみると、
長期(青ライン)は、下降モード継続(微妙)
短期(黄色ライン)でも、
直近の最高値を更新しておらず、
上昇モードに転換できていません。
上値が重い。

長期の最高値(赤ライン)を更新していけば、
長期(青ライン)、短期(黄色ライン)の
高値/安値の推移が、完全に上昇モード確定しますので、
相場の動きを注視したいと思います。

4H足

先週、日足にも認識される節目(緑ライン)を越えたものの
日足の上昇モードを確定させるライン(赤ライン)が重く、
高値/安値の推移のうち短期(黄色ライン) の高値更新幅が
鈍ってきています。 直近安値も切り下げていて、
売り勢力もまだまだ強いです。

今後、短期(黄色ライン)の直近最高値(白ライン)を
切り上げてくれば、上昇モード継続が確実に認識されるように
なるので、買い勢力が強まると思います。

当面の注視点は、
日足でも上昇モードを確定させるライン(赤ライン)を
上抜けするかどうかです。

ここを上抜けすれば、1H、4Hトレーダーはもとより、
日足トレーダーの資金が、買いで入ってきますので、
大きく上昇する可能性が出てきます。

ポイントになるライン(赤ライン)を抜けるには、
時間が掛かるかもしれませんが、
ターニングポイントになる大切なラインになっています。

1H足

1H足の高値/安値の推移だけを見ると、
長期(青ライン)、短期(黄色ライン)ともに、
上昇モード継続中です。

先週末、急激に上昇した分、
週明けに一気に下げましたが、半値(赤ライン)あたりで
上昇に転じて行き、日足でも認識される節目(緑ライン)を
再び上抜けしました。

ただ、上位足の解説でも言いましたが、
日足の上昇モードを確定づける節目を
越える勢いが弱いです。
これは、そこを上抜けしたくないトレーダー(資金)が
集中している、つまりそのラインに「損切買い」を
いれているトレーダーが多くいるためです。

このラインを上抜けすると損切買いが集中しますので、
堰を切ったように上昇に転じる可能性がありますから、
注意してみていきましょう。

まとめ

やっと、上昇モードの兆しが見えてきましたが、
売り圧力もそう簡単に弱まりません。
大きな資金(上位足の資金)が、
上昇を妨げているためです。
ただ、この抵抗が崩れると、
堰を切ったように、上昇が一気に
加速していく可能背が高くなります。
そのタイミングを逃さないように、
相場から目を離さないようにしましょう

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top