日足が悩ましくて行方がつかめない【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

日足が悩ましくて行方がつかめない【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

相場予測が遅すぎるとイエローカードもらってしまいました(汗)
師匠の教えに沿って相場分析していきます

日足

デイトレーダーとしては、日足のトレンドが
大切ですが、その日足のトレンドが悩ましい

移動平均線20MAは水平になってきていましたが、
7/4(金)の始値まで戻したので、また下降し始めました

上昇に転換か?が、下降モード継続と考える投資家も
増えたと思います。 悩ましいところです。

4H足

4H足の高値/安値の推移は、上昇トレンド中でしたが、
直近安値(黄色ライン)を割るかどうかで、下降モードに
転換確定しますので、注目しています。

直近安値(黄色ライン) には、損切のオーダーがかなり
溜まっていると思いますので、下に抜ければ、追加売りが
入ってきて、大きく下げる可能性があります。

支えられれば、戻り売り待ちモードに移行して待機する
事になります。

1H足

1H足の高値/安値の推移は、直近高値、安値ともに
切り下げたことで、下降モードに移行したと思われます。

戻り売りエリアになりますが、先週末大きく下げたのも
あって、今日の動きから目が離せません。

先週末の直近安値を切り下げるようなことがあると、
損切が溜まっている節目ラインが近いので、強力に
抵抗される可能性もあります。つまり、 ここで
支えられて、上昇する可能性もありということですね

このラインを下抜けると、4H足の勢力も売り優勢に
なる可能性が出てくるので、一気に下げる可能性が
あるとみています。

まとめ

日足のトレンドが、ハッキリ見えないので、なんとも
自信をもってトレードしにくい悩ましい状況が続いて
いますが、先週末の直近安値を下抜けするかどうかが、
カギを握っていると思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top