上昇モードに転換濃厚、でも【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

上昇モードに転換濃厚、でも【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

やっと、上昇モードに転換が濃厚になってきたので、
詳しく見ていきましょう。

日足

日足の高値/安値の推移(水色ライン)を見ると、
実は、まだ下げモード継続中なんです。
で・す・が、短期の高値/安値の推移(黄色ライン)
では、高値安値とも切り上げているんです。

ということは、4月下旬から下降を続けてきた
下降モードが、徐々に上昇モードに転換しつつある
ということです。

デイトレードのカギを握る「日足」が上昇モードに
転換しつつあります。

4H足

4H足の高値/安値の推移は、
6月下旬から上昇モード継続中です。
先週末の雇用統計で、大幅に上昇して、
高値/安値とも大きく切り上げました。

昨日はあまり強く押しを付けていない状態で
高値が、下降トレンドラインに抑えられた
みたいです。 
上昇モード継続ではありますが少し様子を
見た方がいいかもしれません。

でもチョット心配なのが、少し上に
日足の抵抗帯があるので、そこを
上抜けするのかどうかが、今後の
上昇モードを継続していけるかの
ポイントになってきます。

1H足

1H足の高値/安値の推移は、
短期(黄色ライン)の高値/安値と
長期(青色ライン)の高値/安値とも
上昇モードです。

昨日、雇用統計後の押し目が、
日足20MAまでは押しを付けず、
個人的には少し浅めの押しだったので、
エントリーのタイミング逃しました(^_^;)

安値/高値とも切り上げていますが、
日足の抵抗帯があるので、この時点で
買いに行くのは、少々危険かなと
思います。

その理由は、
高値の推移を見ると若干切り上げ幅が
縮小してきている雰囲気がありますので

まとめ

せっかく、日足、4H足、1H足と上昇モードに転換が
見えてきたのに、日足の抵抗帯があって、そこを
上抜けしていくのかが、不安材料ですね。
まだ、手放しで「買いエントリー」とはいかなそうです

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top