方向性がきまらない【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

方向性がきまらない【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

お尻専門トレーダーのマサ爺です。

今週に入って、方向性が確定していくかに
思われましたが、なかなか決まりませんね。
詳しく見ていきましょう。

日足

高値/安値の推移を見てみると、昨日と状況は
変わらず、直近高値(緑のライン)を
越えてこないので、下降トレンド継続中です。

このあと、直近高値(緑色のライン)を越えずに
下降を続けるのか、越えて押しを付けて、
上昇に転じるのか、注視していこうと思います。

ただ、年初につけた最安値に迫る価格まで
下落している現状を見ると、そろそろ上昇気運が
高まりそうな環境ではあります。

4H足

4H足で、高値/安値推移を見てみると、
高値を切り上げ、安値も切り上げ、に
転換しています。
上昇トレンドラインに沿って、
上昇を始めています。

ただ、6月に意識されたレジサポラインに
抵抗されている感じです。
日足の売り (下降) 勢力とせめぎ合っている
感じで、方向性は確定していませんね。

1H足

日足、4H足ともに、勢力争いしている中で、
1H足を見ると、今後の動きのヒントが
見えそうです。

高値/安値の推移を見てみると、
高値、安値とも切り上げてきましたが、
昨日は、高値が若干切り下げました。
安値も切り上げ幅が縮小しました。

高値が抑えられた三角持ち合いモードになる
可能性が出てきました。売り勢力と買い勢力が
亀甲してきているのだと思います。

この三角持ち合いが続いた後の相場の動きが、
トレンド変換のカギを握っていると思います。

まとめ

まだ売り勢力と買い勢力が、亀甲しているようです。

ただ、売り勢力が勝てば、下降トレンドが継続して
いきますが、買い勢力が勝った場合は、
日足トレーダーの利確が入ってくることになり、
更に、トレンド転換が確定してくれば、さらに
新規の買いが入ってきて、一気に上昇モードに
勢いがついてくる可能性があります。
注意してみていきたいと思います。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top