日足にそうということ【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

日足にそうということ【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日もダウを中心に相場環境を見ていきましょう!

4時間足

トレンド:上昇トレンド中
ダウ:ダウなし
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

先日は日足の安値だけでなく、最安値も更新して下げてきました。

緑ラインを高値切り下げと認識するかで全ての判断が変わってきますが、黄色ラインがトレンド転換ラインと認識されている可能性もあるため少々悩むところです。

緑ラインが認識されていると考えると、先日の下げを全戻ししてきて緑ラインを更新してきたため4時間では下げトレンド終了とともに、上昇トレンドに転換しました。

ただここから買っていけるかというと、それは別のお話。

一度上昇トレンドラインを下抜けてしまっていること、日足が下げトレンド入りしたこと、下落トレンドラインにも抑えられていることを考えるとリスクが高すぎます。

そう考えると、多くのトレーダーに認識されている転換ラインは黄色ラインのシナリオも考えておかなければなりませんね。

4時間では売りも買いもある状態、短期的には買い目線

1時間足

トレンド:上昇トレンド中
ダウ:上昇ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

1時間では明確に緑ラインの上昇トレンド転換ラインを更新し、さらにレジサポ反転して支えられています。

1時間短期MAも上を向きレートが支えられているので買い圧力が強めです。

だけど買っていけるわけではありません。

いえ、正確にいうと買ってもいいけどリスクが高いポイントということです。

やはり、下落トレンドラインの存在、大きな流れで上昇トレンドラインを割っていること、日足安値を更新して日足短期MAが覆いかぶさっていることを考えると、1時間では買いでも、4時間日足の資金がついてくるかというと、、、

ついてこないでしょうね。

そう考えるとここからの買いはかなりのリスクを背負うことになりそうです。

1時間では押し目買い目線

まとめ

チャートのパターンだけでなく、そこは安いのか?

そこから買いたいと思うのか?

という投資家心理を考えると、いろんなリスクが見えてきます。

結局は安いところで買って高いところで売るのがFXですから、そこからさらに買いたいと思はなければ上昇も下落も続くことはありません。

それを見極めるのがテクニカル分析です。

ここは非常に履き違えやすいポイントですので、テクニカル分析が目的ではなく手段だということをゆめゆめ忘れぬよう私も邁進していきます。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top