日足4時間戦争最終局面!【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

日足4時間戦争最終局面!【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

ドル円はもうそろそろ方向性が決まってきそうな予感がしています。

大砲が放たれるほどのレートが溜まっていますので、上抜けしてくれた方が美味しい相場になりそう。

それではドル円もダウを中心に相場環境を見ていきましょう。

日足

トレンド:下落トレンド中
ダウ:下落ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

下落トレンド中とは言え、先週の大きな下げを全戻ししてきていますので買い圧力が明らかに強くなっているのがわかります。

ということは下げ止まった可能性が高まります。

年始につけた最安値+下げトレンドラインのチャネルラインに押し戻されていますので止まる根拠としては十分ではないかと。

下落トレンドラインも超えてきているとなると、やはり買いが強くなっていると見るのが妥当です。

とは言え!下げトレンド中です。。

超強力な抵抗帯が上にありますし、この抵抗帯は日足4時間の上昇トレンド転換ラインにもなっているため、反発は並大抵のものではないでしょうから、ここから買っていくにはそれなりの根拠が揃わなければ厳しいですね。。

ボリンジャーバンドも閉じて、収縮してきているのでそろそろどちらかに動いてもいい段階に入っています。

日足では基本は売り相場

4時間足

トレンド:下落トレンド中
ダウ:上昇ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

先週は日足4時間のダウ転換ラインに押し戻され直近高値を超えてはきたけどもだいぶ下げてきました。

ただ4時間ダウは以前上昇ダウ中で4時間短期MAも上昇中、、

となると、買いが強いことがわかります。

4時間で再度下げトレンドが強くなるにはもう一度山を作り高値切り下げから直近安値を割って下げダウが成立するか、緑ラインの短期上昇トレンド転換ラインを割ってくるかしないとこれまた売りも難しい・・・

現在、短期上昇トレンド転換ラインと下落トレンドラインのレジサポになりレートが反転上昇してきています。

ここで短期的(1時間レベル)が上昇ダウに転換すれば少しとっていける値幅ができます。

4時間は短期的には買い待ち、長期的には売り待ち・・・・むずい笑

1時間足

トレンド:下落トレンド中
ダウ:下落ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

上昇トレンド中でしたが、転換ラインを割ってさらに下げダウも成立しているため売りが優勢の状態です。

ただし、上位足では短期的に買いが強くなっているためかなり下げ渋っていますね。

レートを見ても上に行ったり下に行ったり結構上下しています。

それでも、1時間足だけを見るとやはり下げトレンド中のため基本は戻り売り目線

緑ラインの4時間レベルの短期上昇トレンド転換ラインを割ってくると一気に下げ目線が強くなるのでそこは要注意です。

逆に、黄色ラインの1時間下落トレンド転換ラインを超えてくると上昇目線になり、もう一度上を試す動きを見せそうです。

1時間短期MAを見ると中期(4時間短期MA)に対し押しをつけそうな局面でもあります。

ここで1時間で安値切り上げ高値を更新すると買いが少し入ってくるシナリオも描けます。

基本は売り目線

まとめ

各時間足の相場の思惑は一致していないため買いと売りが交錯しています。

結構難しい相場になっているため、不用意なエントリは気をつけたほうがいいかもしれません。

ただ、だいぶパワーが溜まっていますので、どちらかに大きく獲れるチャンスも近ずいていますから、ここは逃したくないポイントですね。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top