大きな流れでは下げトレンド【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

大きな流れでは下げトレンド【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日もダウと移動平均線を中心に相場環境を見ていきましょう。

日足

トレンド:上昇トレンド中
ダウ:上昇ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で買いが強いか売りが強いかという意味合いで使っています》

先週のポンドルは、日足では、安値切り上げ高値更新で上昇ダウが成立し重要な戻り高値も超えてきて上昇トレンド入りしました。

週が明けて現在・・・だいぶ下がってますね。

とはいえ、日足では明確にトレンド転換し上昇トレンド入りしているので押し目買い待ちです。

日足短期MAが水平になり、支えられずに少し割ってきてる?

主要上昇トレンドラインを割ってくると支えがなくなり、かなり押しが深くなってしまうので、こうなるとまだ売り圧力も残っているということになります。

そうなると・・・保ち合い相場になる可能性も。

日足では現時点では押し目買い目線です。

4時間足

トレンド:下落トレンド中
ダウ:下落ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で買いが強いか売りが強いかという意味合いで使っています》

日足とは対照的に、4時間は下げトレンド中であり、下げダウ中です。

つまり下げが継続しやすく、売りが強い状態ということですね。

とは言え日足と逆の思惑になっているため下げ勢いがないのがレートに反映されてますね。

ゆるゆると下がってはいますが、ヒゲも出て荒れ気味です。

現在、日足レベルの主要上昇トレンドラインで反発しています。

そりゃわかりやすい節目に到達したら反発しますよね、日足は買い目線ですから。

上値は週足レベルの下落トレンドラインに抑えられ、下値は日足レベルの上昇トレンドラインに抑えられ三角保ち合い状態です。

だからこそ、1時間と日足のつなぎの役目でもある4時間足がある程度の方向を示さないことにはトレーダーとしては動きようがありません。

上昇トレンドラインを割ってきても、日足では青ラインを割るまでは上昇トレンド中のためすんなり下がる訳でもないんです。

逆に黄色ラインを超えてくれば4時間でも再度上昇トレンドに転換するためある程度買いが追随してくる可能性は高いです。

ということで、4時間は基本は戻り売り待ち・・・でも売れないけどね笑

1時間足

トレンド:下落トレンド中
ダウ:下落ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で買いが強いか売りが強いかという意味合いで使っています》

1時間では下げトレンドの下げダウ中で4時間と意見が一致していますね。

でも上下にヒゲが出て、じわじわと下げているのを見ると相場が悩んでいるのがわかります。

エリオットC波のはずですが、勢いが全くないですね。。

日足にだいぶ買い支えられてるように見えます。

今日中にある程度上か下か決まるかもしれません。

1時間も基本は戻り売り待ち

まとめ

1時間足まで落とし込んでいくと、2度下落ダウを終了させる上昇(ヒゲ)がありましたが、結局は高値を切り下げ安値を更新で下げダウに戻ってきています。

あげたいけど上げ失敗というのが2回起きているということですね。

日足と4時間の思惑が正反対である以上優位性はどこにもありません。

待ちの相場ですね。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top