売り強めの押し目買いエリア【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

売り強めの押し目買いエリア【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日もダウを中心に相場環境を見ていきましょう。

4時間足

トレンド:短期長期下落トレンド転換
ダウ:下落ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

先日は売りも買いもあり難しめの状況でしたが

日足レジサポライン+緑の4時間長期トレンド転換ラインも割ってきて、4時間レベルでは完全にした目線になりました。

ただ、相変わらず日足短期MAにレートが支えられ、日足では押し目買いエリアでもあるためすんなり下がらず戻しが入っていますね。

週足では戻り売りエリアということもあり、買いが入っても伸びずらそうです。

ひとまずは戻り売り待ち

1時間足

トレンド:下落トレンド転換
ダウ:下落ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

1時間では綺麗に下落ダウが続いています。

重要な節目である日足のレジサポライン+4時間の長期トレンド転換ラインを割ってきたためさらなる下落も期待できます。

あとは、日足の買い勢力がまだまだ残っていますので、日足も売り勢力が増えてくれば大きく動く相場になるかもしれません。

基本は戻り売り待ち

まとめ

まとめると、

・週足下落トレンド中戻り売りエリア
・日足上昇トレンド中押し目買いエリア
・4時間下落トレンド転換戻り売りエリア
・1時間下落トレンド中戻り売りエリア

となります。

こう見ると、売りの方が伸びそうですね。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top