トレンド転換を取りに行くのは案外難しい【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

トレンド転換を取りに行くのは案外難しい【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

おはようございます!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日もダウと移動平均線を中心に相場環境を見ていきましょう。

4時間足

長期ダウレス、短期上昇ダウ

少しずつではありますが、上昇ダウに転換してきています。

日足レベルでは圧倒的下げダウ中のため日足の戻り売り勢力には注意が必要ですが、日足短期MAからもかなり乖離しているためこの辺りで本格的な利確の動きが入るシナリオも建てられます。

4時間以下では新規の買いも入るぐらい明確に下げ終わった感が出ています。

4時間短期MAにレートが支えられ始め、直近高値を抜けると上を向き始めます。

日足の売り圧力があるので放置はできませんが、4時間のダウで意識される直近高値までは100pipsほどの値幅がありますので、デイトレレベルでは取りに行けるシナリオも考えられます。

1時間足

短期長期共に上昇ダウ転換

1時間足レベルで見ると、明らかに下げ止まり安値切り上げ高値更新をしています。

1時間短期MAを上抜き、レートも支えられ始めているため、このまま支え切られ直近高値を超えていけば、4時間トレーダーの資金も入ってくる可能性は高いです。

逆に超えられないと、4時間、日足の戻り売りということでさらなる下落のシナリオも建てられます。

ですが、下げ幅に対して、日足レベルで対して戻し目をつけていないため、大きな資金が入ってくるイメージは少し下がります。

まとめ

トレンド転換は確定してから入るともう伸びきっていて遅いことが多いし、かといって早く入りすぎると転換していないと見られて逆光を喰らう可能性も高くなるので見極めが非常に難しいです。

現時点では、売りも買いも両方の可能性がある状態なので、下げ止まりが見えてきたからといって買いだけに限定するはまだ時期早々です。


あくまで1時間がトレンド転換して、4時間もトレンド転換するか?というポイントですから、4時間が転換しないと1時間の資金では4時間に勝てませんので、続落ということになります。


日足においても同じことが言えます。

1時間4時間日足まで全てが揃うポイントであれば大きな値幅が期待できるということですね。

どっちか微妙なポイントは狙わずに、全てのトレーダーが売りだよね!

というところのみトレードできれば資金は倍々で増えていきます。


結局人間は待つってことができない生き物なんですよね・・・
エントリしたくなっちゃうから^^;


それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top