買いたい買いたいでも上がらない【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

買いたい買いたいでも上がらない【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

ドル円はいつ米中間が悪化するかと投資家がヒヤヒヤしているのが見て取れますね^^;

ちょっと相場としては難しい部類です。

それではドル円もダウと移動平均線を使って相場環境を見ていきましょう。

4時間足

短期長期共に下落ダウ中

4時間では、保ち合いから直近高値を少し更新し上昇に転ずるか?という流れでしたが、上値も重く反発しています。

ですが、4時間短期MAには支えられ始めていますので、ここから安値をさらに切り上げ上昇が加速する可能性もあります。

ただ、反発したことにより、4時間のダブルトップも見えてきました。

ダブルトップと認識され売りが強くなってくると、4時間のグランビルが成立し再度下落のシナリオも考えられます。


さらに、下落トレンドラインが結構効いているので、4時間MAが上を向いているからといって安易に買ってはいけない状態です。

日足短期MAはだだ下がりですからね。

1時間足

長期下落ダウ中、短期上昇転換

短期は安値を切り上げ高値を更新し上昇に入ってきました・・・

とは言え、更新幅も狭く、上値は前回下げの起点になったブレイクライン付近で2度抑えられ、下げトレンドラインにも抑えられているという状態。

しかもこの下げトレンドライン、1時間で引いたものと、4時間でもっと前から引いたものとほとんど一致するため結構強めです。

1時間だけを見ると、安値を徐々に切り上げて、短期MAが中期MAを上回りグランビルが成立して直近高値も1度超えているということで保ち合いから潮目が変わり買っていきたい局面ですが、、上位足が重すぎる。。

この辺りで安易に買うと痛い目を見るかもしれません。

緑ラインを越えると買いが強くなり上位足の資金が入ってくるかもしれません。

黄色ラインを割ると、ここはなんども止められているポイントのため損切りがかなり入っていると予測されます、さらにはここを割ると、4時間でも下げダウ継続が確定してくるため、ある程度の資金が入ってくるシナリオを立てられます。

つまり、売られた方が取りやすい

まとめ

トランプの一声で一気にドンッと下がりましたが、それでも安値更新幅がほとんどなく売り圧力は少し減っている状態です。

言い換えると、米中摩擦が良い方向に動きつつあると見られ安全資産から資金を動かしたいという思惑が出てきているように見えます。

ですがなかなか上げ渋っているのも事実で、また摩擦が激化するんじゃないかという不安から思い切った上昇に踏み切れない、という感じが出ていますね^^;

まぁ、もう少し方向性がはっきりするまでドル円も待ちですね。


それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top