交錯するトレーダーの意思【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

交錯するトレーダーの意思【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日もダウと移動平均線を中心に相場環境を見ていきましょう。

4時間足

長期上昇ダウ中、短期上昇終了

短期では大きく直近安値を割ってきましたが、長期ではまだ上昇トレンド中で日足短期MAにもレートが抑えられ上を向いているため日足の買いが入ってもおかしくないポイントです。

4時間足だけを見ると売りたくなる相場ですが、ここから売るのはリスク高めです。

赤丸の部分を高値を切り下げたと判断するならば4時間では下げダウに転換していますので直近安値を割ってさらに下げるというシナリオもなくはないですが、、

どれくらいのトレーダーがここを高値切り下げとするかが問題でおそらくそう多くはないと思います。

明らかな下げ止まりからの日足MAの反転ポイント、日足ではグランビルが成立する押し目買い相場ですから日足の資金に迷っている4時間の資金が上回るかが焦点です。

1時間足

長期上昇ダウ終了、短期下落ダウ中

1時間では明らかな下げダウですが、黄色線の4時間でも認識できる日足上昇ダウの起点となったブレイクラインで反発しています。

ここが結構強めの節目になるので、ここで再度止められる可能性は高めです。

もう一度ここで止められると、次は日足の押し目買いに波及する1時間4時間の押し目買いが始まってくるシナリオが考えられますので注目です。

とはいえ、1時間では買う理由は現状ではありません。

まとめ

日足と、4時間以下では思惑が異なるため、こういう時は売りと買いの攻防が激しく行われ荒れやすくなります。

ある程度落ちついてきたら、4時間の方向性が勝つのか?日足の押し目買い勢力が勝つのかがはっきりしてくると思うのでそれまでは待ちに徹したいと思います。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top