日足と4時間足の戦い【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

日足と4時間足の戦い【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

おはようございます!
まるごし侍takemaruです。

夏休みも終わりだいぶチャートがボラを取り戻してきました。
今週からの大きな動きに期待したいです。

それでは今日もダウと移動平均線を中心に相場を見ていきましょう。

日足

長期短期共に下落ダウ中

週足レベルのチャネルラインと最安値ライン付近で下げ止まり反転してきましたが、日足レベルでは普通に下げダウ中ですね。

短期MAにも近づきすぐ上に、ダウで意識される直近高値ラインもあるので日足では戻り売りが強く入るポイントです。

下位足では上昇ダウですが、買いは少し注意したほうが良さそうです。

4時間足

長期短期共に上昇ダウ

なんども抑えられていた高値を抜けてトレンドが加速してきました。

トレンドが加速してくると、トレンドの寿命も短くなってきます。

現在4時間レベルでは陰線を3本ほどつけて上げ止まって、エリオット波で言う所の第5波にもあたり、上位足ではまだ下落トレンド中のためこの辺りで止まるシナリオも考えられます。

しかし、素直に上昇ダウを追っかけると、このままのレートで横に停滞し、さらに安値切り上げが見えてくれば、4時間中期をうわ抜いていることもあり、4時間短期MAが追いついてきて再度4時間レベルで安いところと認識されるシナリオも考えられますね。

まとめ

素直に行くのであれば買い待ち、ということになりますが、どう考えても高値圏です。

さらにいうと、日足は下落ダウ、4時間は上昇ダウと投資家の心理が一致していない状態ですから、押し目買いと戻り売りが交錯してレートが荒れる可能性もあります。

こういう相場の意見が一致していないときは待ちに徹します。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top