戻し目待ちか、切り上げか【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

戻し目待ちか、切り上げか【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

おはようございます!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日も移動平均線とダウを使って相場把握をしていきましょう。

4時間足

長期短期共に下落ダウ中

まだまだ下げが強く、止められる節目なども存在しないことも考えると続落のシナリオがまだまだ考えられます。

4時間短期MAも下げ勢いが強いので1時間レベルでは取りに行ける可能性があります。

ですが、4時間レベルの戻し目が弱めなので大きな資金
つまりここから再度売り始めたいと思うトレーダーがそんなに多くないポイントでもあるため下位足レベルで試し玉になるかな?

1時間足

長期下げダウ中、短期ダウレス

短期はダウが崩壊している状態ですが、1時間レベルまで落とし込むと、レジサポ反転ラインがあり上と下が綺麗にエリア分けできます。

綺麗に分けられるということは、多くのトレーダーの迷いが少ないということです。

そして、短期MAがしっかりと戻し目を築き、現在グランビルが成立していますから、1時間以下では再度「安い場所」と認識され売り優勢の状態と見て取れます。

15分足レベルでダブルトップを形成しているので、直近安値を割ると少し動く可能性がありますね。

そのまま4時間安値、日足安値を割っていけば美味しいですが、割らなかったら薄利で手仕舞いになります。

まとめ

上位足がついてくるかどうかは正直微妙なポイントでもあるため深追いは厳禁です。

ですが、結局伸びるかどうかは誰にもわからないので、優位性が出たところにポジションを置いておくしか我々にはできないんですよね。

余談ですが、ボリバンも15分1時間ともに収縮して次の爆発を待っている状態でもあるので、ある程度の動きには期待したいところです。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top