トレンドラインは抜けたら反転ではない【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

トレンドラインは抜けたら反転ではない【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それでは、ダウと移動平均線を使ってドル円の相場環境を把握していきましょう。

週足

短期下げダウ、長期は下げは継続中だが高値切り下げのない安値更新なので、週足だけを見るとこの辺り明確な高値切り下げが欲しいところです。

そうなると、日足レベルで保ち合いになるシナリオも考えられます。

とはいえ、週足の上昇トレンドラインも割ってきて明らかに下げが強い状態ではあるため、このままさらに下落するシナリオも持っておきたいです。

ただ、あまり大きな足のシナリオは誤差が出すぎてしまうので、私はデイトレーダーなのであくまでも参考程度にしか見ていませんけどね。

日足

日足短期ダウはギリギリ上昇か?長期ダウは下げダウ継続中

一度大きく戻したことにより、押し目買い勢力も現れ始めています。

MAを見ると一度短期MAを上抜けして上昇になるか?という相場でしたが、長期では下げダウのため売り圧力も強く大きく戻り売りが入ってきました。

上昇トレンドラインも一度超えてしまっているので、下落も終わりか?と考えやすくなりますが、この程度の抜けであれば、意外とそのまま下落継続ということも多いですので、あまりきっちりとラインを捉えすぎると相場についていけなくなりますので、あくまでも目安程度で捉えておくのがいいと思います。

使っているチャートでレートの位置もビミョーに違いますからね。

4時間

短期レベルでは下げダウ中、長期レベルでは上昇ダウ中と思惑は一致していない。

長期ダウを見ると、前回安値に支えられ、押し目買いが入るポイント

短期ダウを見ると戻り売りポイントでもあるためどちらかに優位性は出ずらいポイントですね。

他の根拠を見ていくと

【売り要素】
・日足短期MA、4時間短期MAの下にレートが再度潜り込みグランビルが成立してもおかしくないポイント

・日足では戻り売りポイント

・4時間では三尊気味の、高値切り下げが明確に認識でき始め、直近安値がわずかに割っていること

・4時間では第5波であること

【買い要素】
・4時間で下げ幅が減っていること

・これまでの下げになかった、4時間レベルで上昇ダウが成立してきたこと

・日足でも認識できるレジサポ反転ラインに支えられ、日足で安値切り上げが明確になれば押し目買いが入るポイントでもあること

総合すると、売りが優勢気味でしょうか?

まぁ、これだけ悩まなければいけない相場というのは手を出すのは難しい相場とも言えます。

まとめ

ひとまずは売り待ちかな?

上位足の資金が入ってこないことには、結局は騙しに終わりあまり動かないので、自分がエントリするポイントは日足でも売りたくなるか?4時間でも売りたくなるか?1時間でも売りたくなるポイントなのかをしっかりと見極める必要があります。

極論、全ての足が売りたくなるポイントであれば、どこを抜けたらエントリとかすらいらないですからね、適当に下がりそうだから売っておけばいい、こうなります。

ですから、ダウの流れというのは一番大切だと私は認識しているんですね。

それでは、今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top