押し目は割と早く形成する【EUR/USDまるごしテクニカル分析】

押し目は割と早く形成する【EUR/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

ポンドは相変わらず相場変化がありませんので、今日もダウと移動平均線を使ってユロドルの環境把握をしていきます。

日足

日足では以前上昇ダウ中で押し目待ちという状況ですが、深く下げたことにより、下位足が戻り売り待ちになり少し持ち合っていますね。

どの足でも、押し目戻り目というのはロウソク2・3本で反転することが多いのでここの保ち合いが長く続くと次は日足レベルでも高値切り下げが見えてきて、売り圧力が強くなってきそうです。

短期ダウではギリギリ下げダウということもあり、保ち合いが長くなるシナリオもあります。

4時間足

4時間は、短期も長期も下げダウ中。

日足では綺麗な上昇巡航中なのと、現在底値から直近最高値までをフィボナッチを当ててみると、ちょうど半値ラインで抑えられています。

半値ラインは損益分岐点になりやすく止まりやすいラインです。

トレンドラインの加減にも到達しそうということもあり、この辺りは買い圧力がかなり強そうです。

短期MAが中期MAを下回り短期ダウも長期ダウも下げということで、4時間以下を見ると売りたくなってくる相場です。

ですが、かなり下げ渋っていますね。

日足短期をレートが割ってしまったこともあり、押し目買い勢力もいるし戻り売り勢力もふてきてしまいました。

もうしばらくは様子見が無難な相場です。

まとめ

個人的には押し目買いの流れに入った方が面白い相場になりそうと思いますが、現状売りも買いも拮抗している状態ですので安易に手を出すと騙しに合いそうなので、もう少しMAが収縮し、短期ダウが明確になるまでは様子を見たいと思います。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top