トレンド転換は時期早々【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

トレンド転換は時期早々【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

おはようございます!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日もダウと移動平均線を中心に相場環境を見ていきましょう。

4時間足

短期上昇ダウ転換、長期下落ダウ中

先日は4時間ブレイクライン+レジサポ反転ライン+上昇トレンドラインで支えられ上昇反発してきました。

日足の安値切り上げ中の4時間の安値切り上げということで、ダウ中のダウが成立するポイントでもあり、買いがかなり集中しました。


最安値付近でしっかり止められたのも大きい反発要因です。

じゃあトレンドが転換したのかというと・・・

そうでもありません。

なぜなら、長期は下げダウ中で、日足短期MAもサゲサゲだからです。

現在三角保ち合いに突入し、売り勢力も買い勢力も同じくらいいる状態です。

安易に買っていくと痛い目を見るかもしれません。

とはいえ、4時間短期MAレベルで安値切り上げを見せてきているため、押し目買いをしたい局面ではあります。

1時間足

短期長期共に上昇ダウ転換

1時間では買いが圧倒的に強くなり、上昇転換しています。

フィボ半値ラインにも支えられ、短期MAが中期MAを上抜けてグランビルが成立するか?といった状況。

ここでしっかりとした押し、つまり4時間でも認識できるこれ以上下がらないという押しをつければ買いを検討していきたいところです。

また、長らく続いた下げ巡行トレンドを大きくうわ抜いてきましたので、大きく買いが入る可能性も出てきました。


ただ、何度もいうように、日足では売り圧力が残っている状態のため、素直に上昇してくれるかは疑問ですので、下位足の転換からエントリし、日足の減速トレンドラインや抵抗ラインを抜けるか見届ける、反発すれば決済、そんな相場環境です。

まとめ

下位足ではトレンド転換でも、上位足では圧倒的に下げている場合もあり、日足の資金に対抗できず大きく下げると言うことも多いです。

つまり日足の戻り目を形成したと言うことですね。

なので、こう言う三角保ち合い局面は試し玉から入るのが無難です。

トレードは絶対に負けてはいけませんので、しっかりと勝てる!と言う根拠を見出すまでは、圧倒的待ち!に徹したいと思います。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top