売り優勢エリア【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

売り優勢エリア【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日もポンドルの相場環境をダウと移動平均線を使って見ていきましょう。

4時間足

長期下げダウ中、短期上昇ダウ中

4時間では上昇ダウを継続しており、押し目買いポイントでもあります。

下降トレンドラインも超えてきて戻しもかなり大きかったため、買いがかなり強くなっているのが見て取れます。

短期MAも上昇しここで安値を切り上げれば、日足レベルでも認識できる安値切り上げになりさらに資金が入ってくるシナリオが考えられます。


しかし、日足ではまだ高値を超えていなく、短期MAもサゲサゲの下落トレンド中のため、高値切り下げからの戻り売りポイントでもあります。

つまり、4時間と日足の思惑が真逆ということです。

なので、ここで4時間でも認識できるくらい高値を切り下げてくると?

4時間も下を向き始めるため、再度下落のシナリオも立てられます。


どのみち、現時点ではどちらとも言えないため、待ちに徹したいと思います。

1時間足

長期上昇ダウ、短期下落ダウ

結構重要な局面に来ていますね。

高値を切り下げてくれば下落、安値を切り上げてくれば上昇・・・

まだなんとも言えない状態^^;


ただ、4時間短期MAがアゲアゲ、長らく続いた下げトレンドラインも超えてきているのを見ると、かなり買い圧力が強くなっているように見えます。

今後の展開待ちですね。

まとめ

上か?下か?なんとも言えませんが、逆に言うとどちらかに抜ければ動くわけですからチャンスとも言えます。

日足が追随してこないところでは大きな動きは期待できませんから、できるだけ日足も資金を入れたくなるような相場を取りに行きたいですね。


それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top