やっとわかりやすくなってきたかな?【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

やっとわかりやすくなってきたかな?【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

ドル円もある程度方向性が固まってきているように見えます。
長い保ち合いでしたから、それなりに大きく動くかも?

それでは、ダウと移動平均線を使ってドル円を見ていきましょう。

日足

短期下落ダウ、長期下落ダウ継続中

長期ダウのカウントが難しいところですが、週足を見ると戻し目を築いているので長期ダウはこのカウントで行きます。

日足ではわずかに、戻り高値を超えてきましたが、2週間ほど保ち合い再度下落に入ってきました。


個人的には上昇するかな?と思いしたが、日足三尊からの下落に転じてきましたね。


日足短期レベルの重要な押し安値も抜けてきて、水平だった日足短期MAも大きくした抜き見た目的にも売りが優勢になってきています。

ただ、一度下げ止まっていることもあり、そう簡単に加速して下げてくるかは正直疑問です。

どちらかというと、週足の優位性が効いている気がしますね。

週足の戻り売りエリア、上昇トレンドラインに対してもレジサポ反転、日足短期MAレベルのグランビル。

保ち合いを大きくした抜けてしまいましたから、基本は戻り売りを待ちたいところ。

4時間足

短期長期共に下落ダウ

4時間レベルでも下降トレンドラインが引ける状態になったのと、重要なダウの安値を割ってきたため、ある程度方向がはっきりしてきました。

とは言っても、もう下がり始めた後のためエントリできるところはありませんが^^;


4時間中期MAもさげ、短期MAもさげのため、戻り売りエリアです。

しかし足が速いため、このまま下落が加速してくると、直近安値を抜けないかもしれません。

エントリするには4時間でも認識できるくらいの戻り目が欲しいところです。

まとめ

エントリポイント的には、二日前の下落起点である、4時間の小さなダブルトップから入れれば最高でしたが、あいにく売りに大きな優位性があると判断できるほどの状態ではなかったためスルー


エリオット3波で言えば、確実にそこが3波に当たりますが、こう微妙な相場の時も結構な頻度でありますから、取れないときは仕方ないと思って待つことが大事です。

その代わり、絶好の相場の時は絶対に逃してはいけません!

サラリーマンだろうが、専業だろうが関係ありません。

そのために待っているのですから。

相場に時間を合わせてもらうのではなく、なんとかして、欧州ニューヨークは必ず見られるようにするなど自分が相場に時間を合わせなければトレードで勝つのは至難です。

だからあれこれ理由をつけて、少しの優位性でも入りたくなりますが、それをやっているとトータルでは勝率もpipsも必ず落とします。


昔の私がそうでしたから^^;

月に5度のエントリでも日足も入ってくるような相場の時であれば6・70pipsは取ますから、月350前後にもなります。


一つの負けを挟むだけで、プラス70からマイナス20とかになりますからね。

この90pipsを取り戻すのは楽ではありませんから。。

だから絶対に負けてはいけないんです。


しっかりと自分のエントリ・損切りルールを決めて挑みましょう^^

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top