大きな押し目形成期間【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

大きな押し目形成期間【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

底値を割ったか微妙でしたが、やはり大きな戻し目を形成しにきましたね。

それでは今日もポンドルの相場環境をダウと移動平均線を使って見ていきましょう。

4時間足

長期下落ダウ、短期ダウレス

現在、日足レベルの前回安値付近が抵抗になっています。

底値を抜けたと判断すると、4時間日足レベルの戻し目を作って再度下落のシナリオを立てられますので、反転気配があれば売っていきたいところ。

しかし、抜けたのかどうなのか微妙なところですので、ここの保ち合いが長くなると、次は4時間レベルでも安値切り上げが見えてしまいますので、買いのシナリオも視野に入れておかなければいけません。


とはいえ、4時間短期MAがサゲサゲ日足も下げダウ中となれば現時点で買う理由はありません。

1時間足

長期下落ダウ、短期ダウレス

一度はさらに下げるか?
という動きを見せましたが、やはり先日もお話ししたように、上位足レベルの節目を抜けてきているため上位足の戻り目を築かないことにはそう簡単に大幅続落は難しいですね。

上位足の利確の動きも入ってきますから。

現在は、1時間短期MAを超えて支えられている形になっています。

また、下落トレンドラインも抜けてきているため、上昇の可能性もあり得ます。


ただ何度も言うように4時間日足はまだまだサゲサゲのため、1時間レベルの資金では大きな上昇は見込めないでしょう。

と言うことで、基本は戻り目待ちです。

まとめ

基本は戻り売り待ちですが、下げが長く続いていることと下げ幅が減ってきていることを考えるとさらに大きく下げるかは微妙なところです。

日足で見ても、下げトレンドの角度がだんだん加速してきているのもあり、トレンドの終わりも近いかもしれません。

それでは、今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top