底抜けも下げ渋る?【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

底抜けも下げ渋る?【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

おはようございます!
まるごし侍takemaruです。

先日は上位足からの追随売りが入ってきて大きく下げましたね。
美味しい相場でした。

それでは今日もダウと移動平均線を使って相場を見ていきましょう。

日足

短期長期下落ダウ

先日は日足レベルの押し安値を抜けてきて短期長期レベルで下げダウが確定継続してきました。

さらに、年末につけた底値も割ってきたということもあり
この安値がレジサポ反転ラインになって再度下落
というシナリオも考えられます。


しかし・・・

この年末につけたヒゲが厄介で
これはフラッシュクラッシュの影響により
一気に損切りや指値売りを巻き込み大幅下落して
ヒゲを出したという背景があるので

どこまでこのヒゲが信用できるかは定かではありません。

私が使っている複数の取引所でもヒゲの長さが違います。

私のチャートでは両方底値を抜けてますが
もしかするとまだ抜けていないチャートもあるのかも?

ひとまず下げ勢いが少し弱まっていますので
ストップだけ下げて様子を見たいと思います。

4時間足

短期長期下落ダウ

底値を受けたと考えると、
この辺りで4時間レベルの戻し目を築いてからの再度下落
のシナリオを考えられます。

多少抜けたとは言え下げ幅が減少していることと
4時間短期MAからもかなり離れてしまっているため
ここからの売りというのはリスクが大きいです。

また、ボリバンなんかを見てみると
1時間レベルでは完全に閉じてきているのと
4時間レベルでも上が閉じ始めています。

チャネルラインを見てもあとちょっとで到達ですね。

明らかに下げ勢いが弱くなっています。

次の戻り目を待ちたいです。

1時間足

短期長期下落ダウ

1時間短期MAが少し追いついてきて
底値を抜けたと考えると上値には強力な抵抗ラインがあるため
ここで戻し目を築く可能性もありますが

週足レベルのネックラインを割ってきているため
戻し目は日足レベルで築かれなければ

その後の伸びは期待できません。

なぜかというと、
1時間レベルの戻し目だと
1時間以下のトレーダーしか戻り売りしてきません。

しかし日足レベルで戻り売りが築かれると
上位足も売りたくなるため大きく資金が入ってきます。

つまり、1時間レベルだけで売りが入っても
上位足では伸びたあとなので利確する人も出てきて
荒れるためその動きに巻き込まれる可能性が高いんです。

ですから上位足でも売りたくなるか?
がやはり重要なんです。

まとめ

底値を抜けたかどうかの判断が少し曖昧ではありますが、
なんにせよ勢いが失われたら手仕舞いして、

また売りたくなる形になったら売るだけです。

利確千人力という言葉がありますが
含み益だけ追っていても、それは幻なので
利確できるときに利確しておく

そして利益を積み上げていく

これが肝心だと私は思います。

私も昔は
持ちすぎた挙句、建値決済なんてこともよくありましたから^^;

伸ばしたい気持ちもほどほどに
相場が全てですから

相場が勢いをなくしたら利確しておく
これが経験上安定して資金が増えるコツです^^

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top