上か下か?重要な局面【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

上か下か?重要な局面【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

おはようございます!
まるごし侍takemaruです。

ダウの流れを見るとかなり重要な局面に来ていますね。
下げ継続か?上昇転換か?

それではダウと移動平均線を使って相場環境を見ていきましょう。

日足

長期短期ダウ共に下落ダウ

日足では現在戻り売りポイントに位置し先日は少し売りが入った状況です。

ここで数日保ち合い安値を切り上げれば日足レベルでの上昇転換が見えてきます。

あまりもちあわず下抜けしてくれば
もう一度最安値をチャレンジしてきそうです。

日足短期MAはまだ下げていて結構下にレートが存在していることと
週足でも売りを意識するポイントということを考えると

上位足では売り優勢です。

4時間足

長期短期共に上昇ダウ

ヒゲだけではありますが、若干高値を更新してきて
現在は直近安値付近のサポート帯に支えられている状態で上昇継続中

しかし、上値は4時間ブレイクライン付近の抵抗帯で抑えられ
かなり重くなっている状態です。

さらに、下降トレンドラインもバッチリ効いていて
日足短期にも抑えられていることもあり

先日は急落が入りました。

現在、直近押し安値で止まっていますが
ここを抜けてくると上昇ダウが一旦終了

次はリターンムーブの戻り目形成待ちになってきます。

綺麗に高値を切り下げてくればかなり売り圧力がかかるシナリオも想定しておきます。

日足で見ると、すでに戻り目が形成されているため
このままストンと落ちるシナリオも考えていきます。

もちろん、ここでダブルボトムや安値切り上げを見せて
買いのシナリオもあることは忘れずに。

1時間足

長期上昇ダウ、短期下落ダウ

1時間レベルまで落とし込むと
かなりの下げ気配が出ています。

短期ではダブルトップから4時間レベルの直近安値
まで下落し、4時間短期1時間短期MAを割り込み現在下に位置しています。

このままここで支えられ上昇のシナリオももちろんありますが

ここで保ち合いが続き4時間でも高値切り下げが見えてくれば下げ優勢です。

重要なのは、全MAの下に潜り込んだこと
それすなわち安値切り下げを見せれば第三波が起きる可能性が高いということです。

まとめ

転換点、エリオット3波に当たる場所というのは
大抵、安値切り上げエリアでもあり

高値切り下げエリアでもあるため
上昇も下落もどちらの可能性も考えられる局面が非常に多いです。

しかしそこにも必ずどちらかに優位性が存在します。

動いてからエントリすることは誰でもできますが
もうある程度伸びた後なので、それ以上資金が入ってくるかはわかりません。

むしろ手仕舞いが入り逆行するリスクがかなり高くなります。

ですから、まだ動いていない状態で優位性を見つけて
動くのを待つ。

そうすることで最大の利幅を取れる可能性が上がるんですね。

チャンスは一瞬、しっかりとシナリオを立てていきたいです。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top