日足レベルの保ち合い【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

日足レベルの保ち合い【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日もダウと移動平均線を使って相場環境を把握していきます。

日足

安値更新、高値更新で少し難しい相場に突入するかもしれません。
短期的に見ると、高値をわずかに更新し日足節目と短期MAに支えられ安値を切り上げるか?
そんな状況です。

ダウはノートレンドですね。

日足ダブルトップからの、高値切り下げとみなされて下落のシナリオと、
日足逆三尊からの安値切り上げ上昇のシナリオがあります。

高値を更新して短期MAにも受けられてきていることを考えると若干買い優勢ではあります。

4時間

4時間レベルで見ると、短期も長期も上昇ダウ継続中です。
短期が上昇ということは1時間も上昇ダウということです。

日足でも認識できるサポートラインに対して4時間ダブルボトムが確定してきているので、このラインが効いていることは間違いないです。

一目均衡表の雲を見ても、ちょっと売れる気はしませんね^^;

そう考えると4時間以下では買いが優勢の状態と言えるでしょう。

日足短期MAに対して4時間短期MAが上抜けて、綺麗な押しをつけていることを考えると、現状ではやはり買い圧力が強そうです。

しかし、上げ渋っているのも事実・・・

もう少し様子を見たいと思います。

まとめ

日足でも認識できるレベルで押しをつけ始めているので、ぼちぼち買いを意識していきたいと思います。

保ち合いで方向感がないように見えても、その中にも必ず小さなダウが存在します。

「保ち合いだからわかんないなー」

と言って思考を放棄してしまったら、せっかくのチャンスポイントも逃しかねません。
ですから、どれだけ方向感がない相場でも、諦めずに相場を深掘りして相場把握スキルを磨き続けていきたいです。

それでは今日も良い投資ライフを!

参考になりましたら、ブックマークの片隅にでも置いてくれると嬉しいです^^

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top