上昇終了の手仕舞いポイントか?【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

上昇終了の手仕舞いポイントか?【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日もダウを中心に相場環境を見ていきましょう。

4時間足

トレンド:下落トレンド転換
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》

4時間では先ほどの大幅下落で下落トレンド入りしてきました。

とは言え、ここから売って行けるわけではありません。
まだ買い勢力が失われたわけではないので押し目買い勢力には注意が必要。

現在は赤の短期MAを下抜けているのでグランビルポイントですね。

押し目買いが入っても短期MAに抑えられて4時間でも高値切り下げが見えてきたらシメたもの。

もう上に行く力がなくなったと判断できますから。

そうなると、これまでの上昇を保有していたトレーダーが手仕舞いを仕掛けてくるのである程度の下落の波に乗ることができます。

4時間の高値切り下げになりますから、あと7本くらい?

そう考えると明日の欧州時間あたりは注意してチャートに望みたいところ。

1時間足

トレンド:下落トレンド転換
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》

1時間では、大きく下落してきたことで実は1時間4時間同時トレンド転換しました。

そうなると、より売りの力は強くなり、そろそろ上昇も終わりかな?
と考えるトレーダーが圧倒的に増えてきます。

つまり、どこで手仕舞いしようか考え始めるトレーダーが多くなるということです。

1時間程度の戻り目でもある程度は動くかもしれませんが

4時間ではまだ高値切り下げすら見えていないので、もう一度高値を試す動きをしてくる勢力が存在するので、できれば4時間でも認識できるくらいの高値切り下げは欲しいところです。

高値を切り下げることで、1時間をメインで見ているトレーダーだけでなく、4時間をメインで見ているトレーダーも上に行く力はもうないな、と判断できるため多くの資金が入って、結果色々な注文を巻き込んで大きく下落しやすいポイントになります。

言い換えれば、4時間でローソク3・4本陰線が出るところ、3本でも12時間ですよね?

もう放置できる場所の完成です。

まとめ

スイングを推奨しているわけではありませんが

こういった上位足の資金も入ってくるポイントを攻めることで、長時間放置できるトレードが可能になります。

兼業でやられている方は特にこういったポイントを攻めるのをオススメします。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top