追随しづらい相場【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

追随しづらい相場【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです

それでは今日もダウを中心に相場環境を見ていきましょう。

4時間足

トレンド:上昇トレンド転換
ダウ:上昇ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

4時間では明確に安値を切り上げ、緑のトレンド転換ラインを超えて上昇トレンド入りしました。

トレンド転換した場合は基本は押し目待ち・・・

なんですが、深く戻してしまったことと、日足短期MAを抜けてきて、日足押し安値に支えられたのか抜けたのか、ちょっと微妙な相場です。

だから上下に荒れていたわけですが、4時間で緑のトレ転ラインを上抜けてしまった以上、買いに優位性が出たと判断して、日足の大きな押し目形成+4時間のトレンド転換というシナリオを立てるのが無難かな?

しかし、日足短期MAが水平になりレートが潜り込んできて、深く戻してしまった以上、日足高値切り下げからの戻り売り勢力もいるため、なかなか追随買いが入りづらいかもしれません。

1時間足

トレンド:上昇トレンド中
ダウ:上昇ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

1時間ではもともと上昇トレンド中のため、押し目買いが入り4時間も追随して先日は伸びました。

現在1時間のブレイクラインで下げ止まっている状態

ここでしっかりと切り替えしてくれば、4時間の押し目買いエリアでもあるため、少し攻めていきたい。

ただ、なんども言うように週足の戻り売りポイントであるのと、日足がどっちつかずの動きのためまだ荒れる可能性があります。

下手に早めに入っると、急な動きでヒゲ損切りなんかが起こりそうな相場ですから、損切りラインは確定安値に入れるように気をつけていきたいです。

まとめ

日足の方向がはっきりしない以上、今のポンドルはリスク多めの相場です。

相場環境をしっかり把握し、リスクがどこにどれだけあるのかが見極められていない状態だとひょんな反転でやられそうな相場ですから注意していきたいです。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top