トレンドが分かると高値を更新しても取れる【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

トレンドが分かると高値を更新しても取れる【USD/JPYまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それではドル円もダウを中心に相場環境を見ていきましょう。

4時間足

トレンド:下落トレンド中
ダウ:下落ダウ転換
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

先日は4時間も1時間も押し安値を割り下落トレンド入りしてきました。

そんな中、1日保ち合い4時間レベルの戻し目をつけて下落といった流れです。

これは簡単な相場でしたね。

日足でもダブルトップをつけて、現在日足ネックラインで反発しています。

ここを割ってくると、日足でもほぼ下げトレンドが確定してくるのでお花畑が広がっています。

しかし止められると再度上昇がありますので注意が必要です。

「抜けるだろう」

で入ってしまうと痛い目を見ますから確定してから入るようにしたいです。

1時間足

トレンド:下落トレンド中
ダウ:下落ダウ転換
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

1時間で見ると、緑の戻り高値を割った後、安値切り上げ高値更新ししまっています。

ここの値動きだけを見ると、なかなかエントリはできませんが、ここは入らないとダメなポイントでした。

日足ダブルトップから、売り圧力が強くなるポイント、週足下落トレンド中、4時間1時間下落トレンド転換戻り売り待ち。

こう考えると、売りしかないという局面。

ここはトレンドの方向をわかっていないと怖くて手が出せないと思います。

トレンド転換ラインはかなり重要ですのでしっかりとダウ理論に沿って見極めていきたいです。

まとめ

全ての足が、売り圧力が強くなっています。

唯一日足だけが、上昇トレンド中のため買い勢力が残っている状態。

この日足の買い勢力が減るポイントはどこなのかがわかれば勝てると思いませんか?

それは全てダウ理論を知って相場観を強めることで伸びるところが見えるようになってきます。

毎日相場をなんとなく見てるだけでは10年経っても勝てるようになりませんので、相場心理はどうなっているのか?丁寧にダウ理論を落とし込んでいきたいです。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top