ちょっとチャンス【EUR/USDまるごしテクニカル分析】

ちょっとチャンス【EUR/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それではユロドルもダウを中心に相場環境を見ていきましょう。

4時間足

トレンド:下落トレンド中
ダウ:下落ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

下落トレンド中。。。とはいえ、過去のわかりやすいレジサポラインを抜けて、ヨコヨコ状態。

もう少し持ち合ってくれば4時間でも安値切り上げが認識できるようになるため、買い圧力も強くなってくる相場。

でも、緑のトレンド転換ラインを超えない限りは下落トレンド中のため、エントリを考えるのであれば少し攻めの思考が必要になってきます。

1時間足

トレンド:上昇トレンド転換
ダウ:上昇ダウ転換
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

1時間では、緑のトレンド転換ラインを超えてきて、安値も切り上げ高値も更新して完全に上昇トレンドに転換しました。

レートも4時間短期MAを上回り、1時間短期中期共に上を向き始めています。

じゃあ買って行けるのか?

というと、NOです。

1時間だけがトレ転したところで資金は入ってくるのか?

みんな買いたいと思うのか?

と、リスク管理をしっかりすると、ここはまだ買って行けるところではないことがわかります。

だって、日足は最安値を割ってきて戻り売りエリア、4時間の短期MAを超えたと言っても、下落トレンド中。

これらに対抗できるカードがないと、そこに自分が汗水流して稼いだ大事な資金を乗せることはできませんよね?

まとめ

まとめると、

・日足下落トレンド継続最初の戻り売りエリア
・4時間弱い下落トレンド中
・1時間上昇トレンド転換

こう考えると、少し下げ止まりが見えてきたかな?程度ですね。

これまでの下げに対しての本格手仕舞いが入る可能性はありますが、新規継続注文が入るポイントにはまだ程遠い。

継続注文ということは、少しの逆行なんか気にせず持ち続ける

「だってトレンド中の根っこから入ってるんだからここから伸びていくよね?」

というスタンスでいられる相場かどうか

つまりより上位足でもトレンド中かどうかが重要になってきます。

買いを考えた場合、4時間は置いておいても、日足には思っ切り逆らっています。

ということは、エントリはできても長く持てるところではない、リスクの高いところです。

そのあたりの本質を理解していけば、自ずと伸びるところもわかってきます。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top