500pipsの大暴騰後はもう伸びない?【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

500pipsの大暴騰後はもう伸びない?【GBP/USDまるごしテクニカル分析】

こんにちは!
まるごし侍takemaruです。

それでは今日もダウを中心に相場環境を見ていきましょう。

日足

トレンド:上昇トレンド中
ダウ:ダウレス
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

日足では緑の戻り高値を超えて上昇トレンドに転換してきました。

週足で見ても認識できるほどに安値を切り上げて高値を更新してきているので、相場が全体的に買い圧力が強くなっています。


しかし、週足では紫の二重ラインがトレンド転換ラインとなりますので、超えるまでは下落目線だから、その辺りに到達した際の反発はかなり強くなることは認識しておかなければなりません。

日足ではトレンド転換直後ということもあって、次に考えるのは押し目形成の一択になってきます。

そう考えるとまだまだ先になりそうですね^^;

4時間足

トレンド:上昇トレンド中
ダウ:上昇ダウ中
《トレンドはその足の大きな流れで売り買いどちらに継続してるかという意味で使っています》
《ダウは直近で売り買いどちらが強いかという意味合いで使っています》

4時間で見ても、小さな押しはつけてはいますが、一気に大きく上昇しているので、この小さな押しはあまり押し安値としては意識されないでしょう。

4時間ですらまだ押しをつけていないと考えると、4時間では緑のラインがトレンド転換ラインとなるので、ここを超えた時点で考えるのは押し目形成待ちとなりますから、日足でもトレンド転換直後と考えると、まだ伸びる可能性を秘めています。

しかしながら、明らかに上昇値幅が大きすぎるので、手仕舞いをしたいトレーダーもいるため、しっかりと押しをつけなければ結構荒れるかもしれません。

まとめ

全足で上昇トレンド中となるため、押し目買いを狙っていきたい相場です。

大きく上昇すると、次は落ちそうと考えて、エントリを手控え気味ですが

大きく上昇したということは、あきらかに経済情勢が一つの方向に統一されたということなので、今後そちらの方向に継続していく可能性が通常の値幅よりも高くなるということも覚えておきたいです。

それでは今日も良い投資ライフを!

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

Return Top